突然ですが、皆さん月々の携帯料金っていくら払っていますか?

私の2016年9月分の携帯料金がこちらになります。
2016年9月の携帯料金
冷静に見直してみて、とても高いなーと思いますが、旦那の分の携帯料金を見直してみても同じくらいの金額なんです。

そこで、ここ数年の間でかなり耳にするようになった「格安SIM」に夫婦共々乗り換える事に決定。

旦那と話し合い、知名度や総合力で判断した結果、「楽天モバイル」を契約する事にしました。

結果的に月々の携帯料金が2万円安くなった

結果を先に書いてしまいますと、夫婦の携帯料金が月々約2万5千円だったのが、楽天モバイルの月2,150円のプランに850円のオプションを付けて乗り換えたので、月々約2万円程携帯料金を安くする事が出来ました。

これはあくまで毎月支払う携帯料金の話で、機種代金は含まれていないという事を先に申し上げさせて頂きます。

先程の9月の携帯料金から機種代金を引くと約7,000円でしたので二人分で1万4千円、それでも毎月約8,000円の節約になっています。

なんで楽天モバイルにしたの?

なんで楽天モバイルにしたかというと、「電話かけ放題オプション」があったからです。

各キャリアでは電話かけ放題オプションがありましたので、格安SIMに乗り換えると通話料金が高くつくという人が多いらしいのですが、楽天モバイルでは「5分間までの通話なら何度かけても無料」というオプションがあるのです。

楽天モバイル5分かけ放題
月額850円のオプションサービスですので、月2,150円のプランとあわせると月3,000円となり、それでもキャリアと比べるとかなり安く出来ます。

私は旦那とくらいしか電話しませんし、長電話する用事もなく、頻繁に「仕事終わったけど何か買って帰る?」など2~3分で終わる様な電話しかしません。

ですので、楽天モバイルの様な「5分間だけかけ放題」というオプションサービスは非常に助かるんです。

ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えた流れ

それでは、ソフトバンクから楽天モバイルに乗り換えるまでにした全ての流れを書いていきます。

ソフトバンクショップで解約する際にMNP予約番号をもらう

夫婦共々ソフトバンクでしたので、解約する為に一緒にソフトバンクショップに行きました。

今まで使っていた電話番号をそのまま使用し続けたいので、携帯電話番号ポータビリティ(MNP)を利用する事に。

これは今使っているキャリアから他社に乗り換える時に、電話番号を引き継いで移行できるサービスです。

MNPについてはソフトバンクショップ、auショップ、docomoショップにいけば丁寧に解説して頂けるので、不安な方は直接行って説明を聞いた方が良いと思います。

ちなみにMNP予約番号は電話でも取得できますので、時間がなかったり、ショップにいくのが面倒な方は電話してしまった方が良いかもしれません。

キャリア名 MNP専用電話番号 営業時間
ソフトバンク 0800-100-5533 9:00~20:00
au 0077-75470 9:00~20:00
docomo 0120-800-000 9:00~20:00

iPhone7のSIMフリー版を購入する

次にソフトバンクから格安SIMに乗り換える為に、SIMフリー版のスマートフォンが必要となります。

ちょうど良いタイミングでiPhone7が発売された事もあり、夫婦でAppleストアまで行き、2台分のiPhone7を購入しました。
iPhone7と手
Appleストアで直接購入しても良いですし、「Apple公式サイト」からも購入出来ます。

また、事前にSIMフリー版の端末を自分で用意しても良いのですが、楽天モバイルではスマホをセット購入出来るプランもありますので、そちらを利用するのもありです。

記事を書いている時点(2016年10月21日)で、楽天モバイルで選択出来る端末が以下の通りです。
楽天モバイルで選択出来る端末
今までずっとiPhoneシリーズを使用し続けてきた事もあり、慣れている端末を使いたいので、今回もiPhone7を購入しました。

ネット上から楽天モバイルを申し込む

MNP予約番号の取得、SIMフリー端末の購入が済んだら、後は楽天モバイルに申し込むだけです。

楽天モバイル公式サイトにアクセスする

楽天モバイル
楽天モバイルには、端末料金とデータ通信量がセットとなった「コミコミプラン」というものと、「SIMカードのみの購入」の2パターンがあります。

私の場合は端末を既に購入しているので、SIMカードのみを購入すればOKです。

申込の手順ですが、「楽天モバイル」公式サイトにアクセスし、真ん中の方にある「Webで今すぐお申込み」というボタンをクリックします。

次に商品の選択ですが、私はSIMカードのみなので、一番右側の「SIMのみ購入」にチェックを入れます。
SIMのみ購入
次にSIMタイプの選択ですが、ネットと電話を利用したい人の場合は「通話SIM」、ネットだけで良い人はデータSIM(SMSなし)を選択します。

私の場合はネットと電話を利用したいので、「通話SIM」にチェックを入れます。
SIMタイプの選択
次に料金プランの選択ですが、私は月額2,150円の「5GBプラン」を選択しました。
5GBプランを選択する
このプラン選択では、今まで自分が月々のどれくらいのデータ通信量を使ってきたのかを確認する必要があります。

・ソフトバンクの月々のデータ使用量の確認

  1. Myソフトバンクにログインする
  2. ご利用料金の確認をクリックする
  3. 各月の使用料金の下にある「請求書をみる」をクリックする
  4. 料金の下にある「請求明細をみる」をクリックするとデータ通信量が表示される

実際に私の先月のデータ通信量がこちらです。
先月のデータ通信量
ちょっと使用量を抑えて、「3.1GB」のプランを選択しても良いかなと思いましたが、容量はちょっと余裕があった方が良いだろうと旦那が言うので「5GBプラン」の方を選択しました。

au、docomoの人もネット上で月々のデータ使用量が確認出来ますので、調べてみてください。

お申込みされるSIMの内容は注意!

次にSIMカードの内容を選択するのですが、ここは注意が必要です。

端末毎にSIMサイズが違いますので、別のサイズを選択してしまうと利用する事が出来ません。

申込をする前に、「端末名(iPhone7) SIMカードのサイズ」と検索すれば公式サイトが出てくるはずですので、必ず確認してください。

iPhone7は「nano SIM」ですのでチェックを入れましょう。
お申し込みされるSIMの内容

オプションやアクセサリーは必要な人は契約すればOK

最後にオプションやアクセサリーの購入画面に進みますが、必要な人だけ契約すれば良いと思います。

私は楽天モバイルに決めた理由のひとつである「楽天でんわ5分かけ放題オプション」にだけ加入しました。

こちらのオプションの加入ですが、オプション選択画面にはなく、個人情報を入力する際にチェック項目が出現します。
楽天モバイル5分かけ放題オプション
「注意事項」を開いて、「注意事項を確認し、楽天でんわについて同意しました。」にチェックを入れると、申込にチェック出来るようになります。

他のオプションやアクセサリーは必要なかったので、私はスルーして個人情報を入力し、申込を完了させました。

ちなみに楽天市場の会員に既になっている人は、個人情報の入力をせずに済むので非常に楽に進めます。

申込から2日後にSIMカードが届いた!

申込から2日後、楽天モバイルのSIMカードが到着しました。
楽天モバイルのSIMカードが届いた!
申込からSIMカードが到着するまでがめちゃくちゃ早くて驚きました。

後はSIMカードをiPhone7に装着するだけでOKです。

格安SIMの契約となるとちょっと色々面倒なのかなと思っていましたが、意外と簡単に契約が完了してホッとしました。

携帯料金を安くしたいなら格安SIMを契約するべきかな

携帯料金を安くしたいと考えるなら、やっぱり格安SIMを契約するべきではないでしょうか。

実際に楽天モバイルに乗り換えて数日経ちますが、繋がりやすさや通話品質はソフトバンクを使っていた時とほぼ変わりませんし、それなのに料金にこんなに差があるんだと思うと、もっと早くやっておけば良かったなとすら思えます。

携帯料金が高くてちょっと悩んでいる!という方は、今回の記事を参考に、格安SIMの契約を検討してみてはいかがでしょうか。