赤ちゃんが生まれてすぐ一ヶ月検診などで赤ちゃんと二人きりで外出しなくてはなりませんが、その際に必要となるのが「抱っこ紐」です。

生まれたての赤ちゃんは本当に小さくて可愛いんですが、ちょっとでも強い力が加わると壊れてしまいそうな・・・なんとなく不安な気持ちになってしまいます。

その為、数多くのブランドから販売されているだっこ紐の中でも、丈夫でしっかりと赤ちゃんを守ってくれるようなだっこ紐を使用したいという気持ちが強かった私は、実際にいくつかの店舗で実際に試着してから購入に至りました。

やはり機能性やデザインなども毎年変わってくるので、私は子供が二人いるのですが、結果的に2本の抱っこ紐を持っています。

その上で、私自身が使用している抱っこ紐、そして検討段階で候補に挙がった抱っこ紐などを紹介していきたいと思いますので、これから抱っこ紐を購入しようと思っている人の参考になれば良いなと思います。

抱っこ紐は新生児から使えるタイプと首がすわった頃から使えるタイプがある

まずおすすめのブランドを紹介する前に、抱っこ紐についての説明をしていきたいと思います。

抱っこ紐の中には新生児から使えるタイプと首がすわった事から使えるタイプがあり、特に新生児の内から使いたい場合はしっかりと首と頭を固定できる抱っこ紐を選ばなくてはなりません。

赤ちゃんの首がすわるのは生後五ヶ月頃が目安で早い子でも生後三ヶ月程度かかります。

その為、私は新生児から使えるタイプと首がすわった頃から使えるタイプの2種類を購入し、使い分けていたという訳です。

おすすめの抱っこ紐をランキング形式で紹介!

それでは、私自身が店舗で試着した上で実際に購入したものも含め、おすすめの抱っこを紐をランキング形式で紹介していきたいと思います。

エルゴベビー(Ergobaby)

Ergobaby

デザイン性から機能性全てをとっても一番おすすめなのがエルゴベビーです。実際に私もこれを使っています!

とにかく人気で街中でエルゴを着用しているママさんを沢山見かけるくらいですね。

肩にかけるストラップ部分がとても太く丈夫なので、長時間赤ちゃんを抱っこしていても疲れにくく、強度も高いので落下の危険性もほぼありません。

デザイン面では沢山種類があるのですが、基本的にエルゴの抱っこ紐は首がすわった後の赤ちゃん用の抱っこ紐です。

しかし、別売りでインファントインサートというものがあるのですが、それを装着する事で首がすわっていない新生児でも使用する事が可能になります。

購入の際の注意点ですが、エルゴベビーは非常に人気が高く、ネット上では偽物や模造品が多く出回っています。

私が購入したのはダッドウェイというエルゴベビーを始めとした多くのベビー用品の正規品のみを扱っている公式オンラインショップです。

会員登録すればポイントが溜まりますしベビー服や新生児は沢山使うよだれかけなどが沢山揃っており、お得なショップですので是非利用してみてください♪

キューズベリー(CUSE BERRY)

キューズベリー

私が二本目に購入したのがキューズベリーです。

なんといってもデザイン性がGood!めちゃくちゃ可愛いんです!

日本製で職人がひとつひとつ手作りしている為、ちょっと値段は張りますが(約18,000円~21,000円くらい)、質の高さはピカイチです。

キューズベリーの安全性

強度実験をしっかりと行い、108kgの負荷まで耐えられる強度が証明されています。

キューズベリーの抱っこ紐の良い点はもうひとつあって、前ジッパーだから赤ちゃんを抱っこ紐から降ろすのがめちゃくちゃ簡単な所です。

そのまま赤ちゃんを降ろせる

病院の診察時や帰宅後など、抱っこ紐をわざわざ脱がなくて良いのでかなり楽ちんなんです。

しいてデメリットを言うとすれば首がすわっていない新生児には使えない事。

新生児用の抱っこ紐は別に用意しておいて、首がすわったらデザイン性を求めてキューズベリーを購入!なんてのも良い気がします。

ナップナップ(napnap)

ナップナップ

続いておすすめしたいのが日本ブランドのナップナップです。

おすすめポイントはずばりコスパの良さ!価格帯が8,000円~11,000円と非常にお買い求め安い価格になっているのです。

確かにシンプルなデザインではあるのですが、しっかりと落下防止ベストも付いていますし、機能的に劣っているとは言えません。

ナップナップの抱っこ紐は首がすわってからの赤ちゃん向けの抱っこ紐で、日本ブランドなので身長が低い人でもぴったりと使用する事が出来ます。

結局抱っこ紐はどんな基準で選んだら良いの?

おすすめの抱っこ紐を色々と紹介してきましたが、これだけ数多くのブランドがあるのであれば、結局の所抱っこ紐はどんな基準で選ぶべきなのか迷ってしまいますよね。

もちろん大前提として、新生児でも使えるものなのか、首がすわってからの赤ちゃんしか使えないものなのかは確認する必要がありますが、そこさえしっかり確認出来ていればデザイン重視で選んでしまっても良いと思っています。

というのも、上記で紹介している抱っこ紐は強度実験などをしっかりと行っていて、安全性には問題がないものばかりです。だからこそ人気だと思うんですけど。

安全性さえクリア出来ているのであれば、後はデザインか抱っこのしやすさかだと思うんですが、結構最近の抱っこ紐はそこら辺がしっかりと考慮されているものも多く、長時間抱っこしていてもあんまり疲れないように工夫がされているんですよね。

子供の洋服って特にママさん達はこだわりがあってハイブランドを着せて楽しんでいる人も多いと思うんですけど、抱っこ紐で抱っこしている時って洋服が全然見えなくなっちゃうから、そうなると抱っこ紐のデザインにこだわっても良いんじゃないかなって。

実際何個あっても役に立ちますし、出産祝いにも抱っこ紐はおすすめですので、これから買おうと思っているママさん達のお役に立てれば良いなと思います♪